可愛くなる方法を中学生向けに紹介!外見を磨くための簡単な方法とは?

 

中学生になると、可愛くなりたいとおしゃれや美容に関心を持つ人も増えますよね。
しかし、具体的にどんなことをすれば良いのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、可愛くなる方法を中学生向けに詳しく紹介します。
コツコツ続けるべきことだけでなく、簡単に取り組めることも登場するので、参考にしてみてくださいね。

中学生が可愛くなる方法【すっぴん編】

中学生は学校にメイクをしていけないことが多いですよね。
そこでまずは、メイクなしのすっぴんの姿が可愛くなる方法を紹介します。
女子も男子も参考になる内容が登場するので、チェックしてみてくださいね。

基本のスキンケアをしっかりと

美肌だと、メイクなしでも顔がきれいに見えます。
肌をきれいにするにはさまざまな方法がありますが、まずは基本的なスキンケアをしっかりと行うことが大切ですよ。

顔を洗うときは、クレンジングや洗顔料を使って優しく丁寧に洗いましょう。
ゴシゴシと力を入れてこすると、肌にダメージを与えてしまうのでおすすめできません。

顔を洗い終わったら、やはりゴシゴシこすらないように、優しく水滴を拭き取ります。
洗顔のあとは、肌が乾燥しないように化粧水と乳液で保湿しましょう。

人間の顔は寝ている間にも汚れや皮脂がくっつくので、そのままだと肌荒れにつながります。
夜だけでなく、朝も洗顔してくださいね。

日焼け対策をする

中学生は、通学や体育の授業などで日焼けしやすいですよね。
日焼けをした肌もスポーティでかっこいいですが、日焼けの原因となる紫外線は

・そばかす
・肌のヒリヒリ、赤み
・ターンオーバーの乱れ
・将来の肌のシワやたるみ

につながる可能性があります。

ターンオーバーとは、肌の細胞が古いものから新しいものへと生まれ変わる仕組みのことです。
日焼けでターンオーバーが乱れると、細胞の生まれ変わりがうまくいきません。
そのため、焼けた肌の色がなかなかもとに戻らなかったり、ニキビができた跡が残ってしまったりと、さまざまな肌トラブルの原因になります。

そのため、すっぴんでもきれいな肌でいるためには、できるだけ日焼けしないように注意すると良いでしょう。
日焼け止めや日傘などのアイテムを積極的に使ってくださいね。

顔のむくみを解消する

顔がむくんでいると、目のまわりやフェイスラインがすっきりせず、ぱっとしない印象になってしまいます。

塩分や水分が溜まると顔がむくみやすくなるので、しょっぱい食べ物は控え、適度に水分補給をしてきちんと余分な水分を排出させましょう。

また血行が良いほうが、余分な塩分・水分を排出しやすくなります。
湯船に入って体を温めたり、顔をマッサージしたりして、血行が良くなるように心がけてくださいね。

受験やテストの前で椅子に座ってばかりのときは、意識して運動をするのもおすすめです。

顔のうぶ毛・眉毛を整える

顔のうぶ毛がたくさん生えていると、肌の色がくすんで見える原因になるでしょう。
メイクをするときに、邪魔になる可能性もあるのです。
また、鼻の下のうぶ毛は、ヒゲのように見えちゃうこともあります。

さらに眉毛は、顔全体の印象を左右するとも言われる重要なパーツです。

このことから、すっぴんでも可愛くなるには顔のうぶ毛や眉毛を整えるのも大切と言えます。

顔の毛の処理には専用のシェーバーを使います。
乳液やホットタオルなどを使って肌を柔らかくしてから毛を処理し、終わったあとは保湿しましょう。

中学生で顔の毛を処理するのが始めての人は、家族に手伝ってもらうと良いですよ。
自分で顔にシェーバーをあてるのが不安なら、サロンや理容室などを利用してプロにお願いすることをおすすめします。

食生活・睡眠に注意

食べすぎや過度なダイエットで栄養バランスが乱れている。
夜更かしが多く、睡眠不足。
このような生活の乱れは、肌荒れにつながります。

すっぴんでも可愛くなるためには、たんぱく質やビタミン、食物繊維などが摂取できる健康的な食事をしっかりととりましょう。
糖質と脂質も大切な栄養ですが、多すぎると肌荒れにつながるので、とりすぎないように気をつけてください。

また、できるだけ夜更かしはせず、 7〜8時間ほど睡眠時間を確保しましょう。

中学生が可愛くなる方法【メイク編】

ここからは可愛くなる方法として、中学生向けのナチュラルメイク術を紹介します。
休みの日に挑戦してみてくださいね。

ベースメイク

ベースメイクとは、

・化粧下地
・ファンデーション
・コンシーラー
・フェイスパウダー

などを使って、メイクの土台である肌を整えるためのものです。

しかし、中学生がこれらのアイテムをフルで使うと、大人っぽくなりすぎて不自然に見えることもあります。

中学生のベースメイクは、

① 化粧下地を頬・おでこ・鼻の頭に少し乗せる
② 化粧下地をパフやブラシで伸ばす
③ フェイスパウダーを全体に乗せる

これだけでも十分でしょう。
くまやそばかすなどが気になるところだけ、ファンデーションやコンシーラーを使ってカバーするとナチュラルになりますよ。


目元メイク

メイク初心者の中学生は、アイメイクを濃くしすぎてしまうことがあります。
ケバく見えないために、まずは

① アイラインを、細く目尻に5mmだけ引く
② マスカラを塗ってまつ毛を上げる

といったシンプルな工程から始めてみましょう。

created by Rinker
¥638 (2023/10/03 20:12:59時点 楽天市場調べ-詳細)


アイシャドウを使うなら、淡いピンクやブラウンといった肌馴染みの良い色を、目のうえから目尻に向かって薄く塗ると、ナチュラルに仕上がりやすいですよ。

アイメイクに慣れてきたら、アイシャドウをグラデーションにしたり、涙袋メイクに挑戦するのもおすすめです。

眉の描き方

中学生のナチュラルメイクでは、自分の眉毛を活かしていくのが基本です。
眉間やまぶたなどに余分に生えている眉毛を処理したら、アイブロウペンシルで足りない部分を描き足しましょう。

眉が左右対称になるように、また、以下の黄金比を目指して眉を描くと良いですよ。

【眉の黄金比】
・眉頭は小鼻の上
・眉山は黒目の外側
・眉尻は口の端と目尻の延長線上

チーク・リップ

チークやリップは、顔の血色を良く見せたり、肌の美しさを引き立てたりする効果が期待できます。

ただし、真っ赤なものやビビッドな色のものはケバく見える可能性もあるのです。
まずは淡いピンクやオレンジといった色のものを選び、薄くつけると良いでしょう。

created by Rinker
¥396 (2023/10/03 15:54:16時点 楽天市場調べ-詳細)

リップは口紅ではなく、色付きリップから始めるのもおすすめですよ。

中学生が可愛くなる方法【体型・ファッション編】

中学生が可愛くなる方法としては、顔だけでなく体型やファッションにも気を遣うのも大切です。

ダイエット

スリムな体型を目指すためには、カロリーのとりすぎに注意することと、消費カロリーを増やすことが重要です。
人間の体は、食事で摂取して使いきれなかったカロリーを脂肪として蓄えるようになっています。
そのため、摂取量を抑え・たくさん消費することで痩せやすくなりますよ。

しかしあまりにも摂取カロリーが少ないと、勉強や部活を頑張れません。
また中学生が無理なダイエットをすると、体の成長に支障があったり、病気の原因になったりします。

そのため、必要なカロリーや栄養はきちんととりましょう。
体重を減らすことだけを考えていると無理なダイエットにつながりやすいので、体脂肪率が適切かどうか、見た目が健康的かどうかを考えると良いですよ。

清潔感のある服装

不潔な服装だと、いくら顔が可愛くてもあまり印象が良くないですよね。

特に毎日着ている制服は、シワや汚れがついていることもあるので、きちんと手入れする必要があります。

制服は気軽に洗濯機で洗えないものも多いので、学校から帰ったらブラシや除菌スプレーでケアし、シワがよらないようにハンガーにかけましょう。
ブラウスやソックス、体操着など洗濯可能なものはちゃんと洗い、いつも清潔なものを身につけてくださいね。

私服も同じく、清潔感が重要です。
きれいに着られるように手入れしておき、シワがよらないように保管しましょう。

自分に似合うファッションを知る

ファッション選びでおしゃれな友達や雑誌を参考にするのも大切ですが、似合っていないともったいないですよね。

可愛くなる方法としては、自分の体型や肌の色、印象に合うファッションを知り、選ぶことも大切です。

似合うファッションがよく分からない場合、まずは服を買うときに試着をしましょう。
フィーリングだけで選ぶよりも、その服装が自分に合っているかどうか判断しやすいですよ。

中学生が可愛くなる方法【その他編】

中学生が可愛くなる方法【その他編】

ここまで顔や体型に重きをおいて、中学生が可愛くなる方法を紹介しました。
最後に、このほかにも心がけたいポイントを紹介します。

髪をきれいにする

ボサボサの髪よりも、サラサラ・ツヤツヤの髪のほうが、可愛く見えますよね。

お風呂のあと、放っておいて自然乾燥させるのではなく、きちんとタオルやドライヤーで乾かすと髪がきれいになりやすいですよ。
オイルやトリートメントでうるおいを与え、丁寧にブラッシングするのも大切です。

また、髪型にもこだわってみましょう。
自分に似合う髪型にして、季節やファッションに合わせたヘアアレンジをすることで、より可愛くなることができますよ。

・ポニーテール
・ハーフアップ
・三つ編み
・お団子

などは、制服にも私服にも合わせやすく、ヘアアイロンを使わなくても簡単にできるのでおすすめです。

良い香をまとう

なんだか良い香がする人って、魅力的ですよね。
中学生が良い香をまとうには、お風呂で髪や体をしっかりと洗うほか、ヘアミストやハンドクリームを使うのがおすすめです。
汗をかいたときは、良い香りの汗拭きシートを使い、汗をそのままにしないようにしましょう。


笑顔

笑顔は、人をとても魅力的に見せてくれる表情です。
もちろんクールな人やミステリアスな人も素敵ですが、ニコニコ笑顔の人のほうが親しみやすく、可愛い印象になるでしょう。

ダイエットやスキンケアは、一日だけでは効果を感じにくいものです。
しかし挨拶や返事、人と話すときに笑顔を心がければ、表情が華やぎ、一気に可愛くなる可能性がありますよ。

優しい言葉・行動

優しい言葉遣いや気遣いの感じられる行動は好印象を与えるので、可愛くなる方法として効果的ですよ。

具体的にはまず、

・「ありがとう」「ごめんね」を素直に言う
・ネガティブよりもポジティブな言葉を選ぶ
・困っている人を手助けする
・相手の性別で対応を変えるようなことはしない
・人の話を聞くときは「うんうん」と楽しそうに聞く

このようなことを意識してみましょう。

こちらもちょっとした心がけで変われる部分なので、一日で可愛くなれちゃうかもしれません。

持ち物も可愛く

可愛くなるためには、持ち物選びも可愛さを意識すると良いでしょう。
文房具やヘアアクセサリー、靴下などが可愛いと、全体的な雰囲気も可愛くなれるかもしれません。

可愛くなる方法を知って、素敵な中学生になっちゃおう!

今回は、スキンケアや日焼け対策をはじめ、メイクのコツやダイエットについてなど、中学生が可愛くなる方法を幅広く紹介しました。
すっぴんでも可愛くなる方法が登場したので、普段メイクをしない人や男子も参考になるのではないでしょうか。
なかには簡単に始められるもの、一気に可愛くなれるものもあるので、早速心がけてみてくださいね。

こんな記事も読まれています