小学生が告白するのはあり?告白を成功させる方法を紹介!

好きな人ができて、友達よりももっと仲良くなりたい!
そんな風に思っても、小学生は告白の仕方が分からない人も多いですよね。
周囲にもまだ恋愛に興味がない人、恋愛経験がない人がいて、相談するのも難しいということもあるでしょう。

この記事では、告白の方法や気持ちの伝え方、告白成功率を上げるポイントなどを小学生向けに紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

小学生が告白するのは変?

小学生が告白するのは変?

ドラマや映画を観ていると、恋愛しているのは高校生以上の人や大人が多く、小学生が告白するのは早いかもと思う人もいるでしょう。

しかし、小学生にも告白して気持ちを確認し、付き合っている人がいますよ。
一緒に遊んだり、誕生日プレゼントを贈りあったり、手をつなぐなど、友達と変わらないか少しだけ近い距離感で一緒に過ごして、恋愛を楽しむ小学生もいるのです。

小学生におすすめの告白の仕方

小学生におすすめの告白の仕方

ここからは、小学生におすすめの告白の仕方を紹介します。

直接話す

告白の方法として最も思い浮かべやすいのは、直接話すスタイルなのではないでしょうか。

手紙やSNSのメッセージなどを使って2人で話したいということだけを伝えて呼び出し、あなた自身の言葉で気持ちを伝えるのです。

手紙

直接話すのは緊張してしまう、呼び出し方が分からないという人におすすめの告白方法です。

手紙の場合、相手に考える時間をあげられるのもメリットでしょう。
返事をするのに少し時間をかけられる手紙であれば、相手は驚いた気持ちを落ち着けて、あなたのことをどう感じているかを整理できるのです。

ただし、手紙での告白は字のきれいさや文章の内容であなたの印象が左右されることがあります。
また相手の気持ちによっては、はっきりと返事をもらえない可能性もあることを覚えておきましょう。

メッセージ

好きな人とLINEなどのSNSがつながっているのであれば、メッセージを使って告白するのもありです。

手紙と同じく、緊張しにくいので落ち着いて告白できるでしょう。

しかしSNSのメッセージでの告白は、真剣さが伝わりにくいというデメリットがあります。
気持ちが伝わりきらなかったり、文面によって冗談だと勘違いされたりすることがあるのです。

小学生の告白成功率を上げるポイント

小学生の告白成功率を上げるポイント

さまざまな方法がありますが、絶対成功する告白の仕方はないと言えます。
告白が成功するか、失敗するかは、最終的に相手の気持ち次第だからです。

しかし以下のようなポイントに注意することで、小学生の告白成功率を上げることもできます。
告白する前にチェックしてみてくださいね。

ちゃんと仲良くなってから

よく知らない人や仲良くない人から告白されても、困ってしまう人が多いでしょう。
そのため、告白成功率を上げるには好きな人としっかりと仲良くなっておくことが大切です。

気軽におしゃべりできる、共通の話題がある、一緒に遊ぶことがある、相手から遊びに誘われることがあるなど、より親しい関係になると告白成功率が高くなるでしょう。

タイミングをよく考えよう

告白しても、もし相手にほかに好きな人がいたら、断られてしまうでしょう。
また中学受験や習い事の大会などで忙しい時期に告白すると、「それどころじゃない」と思われてしまう可能性があります。

そのため、小学生の告白成功率を上げるには、相手に好きな人がいるか、自分のことを考える余裕があるかどうかをチェックすると良いですよ。
このように相手の状況をよく知ることで、告白が成功しやすいタイミングを見計らうことができます。

セリフ・言葉は分かりやすく

告白となると、つい恥ずかしくて周りくどい言い方をしてしまう人がいます。
また、ロマンチックに、かっこよく言おうとして、かえって分かりにくくなってしまうこともあるのです。

しかし、分かりにくい言い方で告白すると、あなたの気持ちが伝わりにくくなります。
小学生が告白するときは、「〇〇なところが好きです」とストレートで分かりやすいセリフがおすすめですよ。

真剣な雰囲気で話す

あなたの好きな気持ちが真剣でも、それが伝わらなければ告白は失敗してしまいます。
そのため、恥ずかしいからとギャグを混ぜたり、笑いながら告白したりと冗談めかして告白するのはやめましょう。

直接話すときは、言葉も表情も真剣になるよう意識してください。
手紙やSNSのメッセージでの告白は、あまり絵文字やスタンプは使わず、シンプルな言葉選びをすると良いですよ。

2人きりの静かなところで

友達であっても、告白されるときに人から見られていると恥ずかしいと感じる人は多いです。
もし両思いであっても、周囲の人に笑われたりジロジロ見られたりしたら、告白は失敗してしまうかもしれません。

そのため、直接話して告白成功率を上げるには、2人きりの静かなところを選びましょう。
学校の帰り道で話しかけたり、友達にお願いしたりすると、小学生も好きな人と2人きりになりやすいのではないでしょうか。

あらかじめ手紙やメッセージで呼び出すのもおすすめです。

小学生の告白が失敗してしまったら

小学生の告白が失敗してしまったら

もし告白が失敗してしまったら、どうすれば良いのでしょうか。
最後に、告白が失敗したときの過ごし方や対処法を小学生向けに紹介します。

泣く・怒るのは我慢

告白に失敗すると、悲しくて泣きたくなったり、「どうして」と相手を問い詰めたくなったりすることがあるでしょう。
しかし、このような感情的なリアクションは相手の前や学校ではできるだけ我慢です。

傷ついた様子を見せることで、相手と気まずくなってしまいます。
また、周囲も気を使ってしまうかもしれません。

変わらず接する

告白は失敗すると、相手とどう接すれば良いのか分からなくなる人が多いです。
告白した人は振られて辛い気持ちですし、振った人も「傷つけてしまったかも」と罪悪感を覚えているからです。

しかしそんなときこそ、これまでと変わらず接するように心がけましょう。
普通に挨拶して、今までと同じようにおしゃべりをすることで、少しずつ以前の雰囲気に戻れますよ。

逆に、無視したり、そっけない態度をとったりするのはNGです。

言いふらさない

告白に失敗して辛いときは、友達に気持ちを聞いてもらいたくなることもあるでしょう。

しかし、誰にでも「〇〇さんに振られた」「▲▲君のこと好きだったのに…」などと言いふらすのは、NGです。
相手がほかの人に責められたり、プライベートな話を知られて嫌な気持ちになったりするかもしれません。

辛い気持ちは信頼できる友達や家族にだけ話すようにしましょう。
SNSを使っている人は、書き込みにも注意してくださいね。

新しい恋をする

告白に失敗したあとに辛い気持ちを切り替えるには、新しい恋をするのが効果的でしょう。
恋はしようと思ってするものではありません。
しかし、普段話さない人と話したり、新しいことを始めたりして人間関係を広げると、新しい恋を見つけやすくなるでしょう。

恋を描いた漫画や小説を読んだり、映画を観たりしてキュンキュンするのもおすすめですよ。

created by Rinker
¥4,622 (2023/10/03 20:06:25時点 楽天市場調べ-詳細)

自分磨きや趣味に没頭する

気持ちの切り替えには、自分磨きを一生懸命頑張ったり、趣味に熱中したりするのも良いでしょう。

特に自分磨きでスキンケアやヘアケアをしたり、趣味で達成感を感じたりすることは自信につながります。
また、頑張っているあなたに恋をする人が現れる可能性もあるでしょう。

小学生の告白は、セリフやタイミングを考えて成功率を上げよう!

小学生が告白をするなら、直接話すほか、手紙やSNSのメッセージを使うという方法もあります。
タイミングをよく考え、シンプルなセリフで気持ちを伝えることで、告白成功率は上げることができますよ。

しかし、どんなに頑張っても相手の気持ち次第で失敗してしまうことはあります。
もし振られてしまったら、変わらず接していくことで気まずさの解消につながりますよ。

こんな記事も読まれています