【小学生・中学生向け】修学旅行のパジャマはなにを着る?何枚必要?

修学旅行は、小学校の6年間・中学校の3年間にそれぞれ1度の学校行事です。
お泊まりもあり、楽しみにしている人が多いイベントなのではないでしょうか。

しかし、修学旅行にどんなパジャマを持って行けば良いか迷う小学生・中学生もいるでしょう。

この記事では、小学生・中学生の修学旅行におすすめの選び方を紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

修学旅行のパジャマはどれにする?

小学生・中学生の修学旅行のパジャマには、ジャージやスウェット、ボタンがついている前開きのものがおすすめです。
ジャージは動きやすく、温度調節もしやすいというメリットがあります。スウェットは温かいものが多く、秋や、まだ肌寒い春の修学旅行にぴったりでしょう。
前開きのパジャマは風通しが良いので快適に過ごしやすく、可愛いデザインのものも多いですよ。

気になる男子がいる女子は男ウケも気になるポイントでしょう。
その場合は、少し大人っぽく、シルエットやデザインに少しだけ女の子らしさがあるものが良いですよ。

逆に修学旅行にNGなパジャマとしては、露出が多いもの、ヨレヨレで清潔感がないものなどが挙げられます。
修学旅行ではパジャマで館内を歩く機会がある可能性もありますし、部屋は同性のクラスメイトと一緒とは言え露出が多いと場違いな印象です。また、清潔感がないとせっかくのイベントなのに残念な印象になってしまうので、避けましょう。

修学旅行のパジャマを選ぶポイント

修学旅行のパジャマを選ぶときは、形やデザインのほかにも以下のポイントをチェックすると良いでしょう。

温度調節しやすいかどうか

修学旅行は、春や秋など気温が不安定な時期に行われることが多いです。
また複数のクラスメイトと同じ部屋で寝泊まりするので、自分の好きなように空調をつけるのは難しいこともあるでしょう。

そのため、修学旅行のパジャマには温度調節しやすいものがおすすめです。綿や麻、シルクといった素材のパジャマは、快適な着心地のものが多いですよ。
薄手のパジャマをベースにカーディガンを重ねる、長袖の下に着られるTシャツを用意するなど着こなしを工夫するのも良いでしょう。

シワがつきにくいかどうか

修学旅行にはたくさんの荷物を持って行くので、シワがつきやすい素材のパジャマは不向きでしょう。
せっかくきれいなものを選んでも、いざ着るときにはシワシワになっていることもあるからです。

綿にポリエステルを合わせた素材は、シワになりにくいですよ。

コンパクトに畳めるか

寒がりな人は、修学旅行に厚手のパジャマを持っていきたいと考えることもあるでしょう。
しかし、もこもこのパジャマはバッグのなかで小さくならず、ほかの荷物を圧迫してしまうかもしれません。

そのため、修学旅行には小さく折り畳めてかさばらないパジャマがおすすめです。
綿やシルク、フリースなどは、暖かくて分厚すぎず、寒がりな人の修学旅行パジャマにぴったりでしょう。

スカートよりズボン

友達の前でも、寝ているうちにスカートがめくれてしまっては恥ずかしいですよね。
そのため、普段はワンピースのように下がスカートのパジャマを着ている人も、修学旅行ではズボンを選ぶことをおすすめします。

修学旅行のパジャマは何枚必要?

修学旅行のパジャマは、1泊2日なら1着、2泊3日でも1〜2着ほどで大丈夫です。
薄手のパジャマであっても、何着も持っていくとどうしてもかさばります。
少しでも荷物を軽くするため基本は1着、清潔さが気になる場合は2着で十分でしょう。

修学旅行の日程は、小学生なら1泊2日、中学生なら2泊3日のところが多いですが、それぞれの日程や行き先に合わせて、パジャマの枚数も考えてみてくださいね。

修学旅行におすすめのパジャマブランド

ここからは、小学生・中学生におすすめのパジャマブランドを紹介します。
修学旅行に合わせてパジャマを新しく買うことを考えている人は、参考にしてみてくださいね。

GU(ジーユー)

ファストファッションブランドのGU(ジーユー)では、お出かけ用の洋服だけでなく、パジャマも取り扱っています。
メンズ・レディース両方のパジャマがあり、キッズパジャマにも男子・女子両方に向けた商品がありますよ。

GU(ジーユー)のパジャマはこちら!

Papel lapiz(パペル ラピス)

Papel lapiz(パペル ラピス)は、子供やティーンの服を展開するブランドです。
パジャマも取り扱っており、シンプルなデザインのセットアップが充実していますよ。
サイズは140〜160ほどのものが多いので、小学生・中学生の修学旅行のパジャマにぴったりでしょう。

devirock(デビロック)

devirock(デビロック)は、大人・子供両方の服を展開するブランドです。
男子・女子両方向けのパジャマを取り扱っており、さまざまなデザインのアイテムがそろっています。
なかには対象サイズが100〜160cmのものもあり、小柄な小学生にもぴったりの修学旅行用パジャマが見つかるのではないでしょうか。

SONIC TUNE(ソニック チューン)

SONIC TUNE(ソニック チューン)には、男子向けの洋服やパジャマが充実しています。
シンプル・メンズライクなパジャマが好きな女子にもおすすめのブランドです。

tutuanna(チュチュアンナ)

tutuanna(チュチュアンナ)にはインナーのイメージが強いかもしれませんが、パジャマも取り扱っているのです。
こちらも、メンズ・レディース両方のパジャマがあります。シンプルなものから可愛いものまで幅広いデザインのパジャマがあるので、男子も女子も好みのパジャマが見つかるでしょう。

tutuanna チュチュアンナ レディース ルームウェア パジャマ 上下セット 半袖 ロングパンツ 白くまワッペンパイルパジャマ(半袖×長ズボン) #2023/4/28NEW

narue(ナルエー)

narue(ナルエー)はインナーと、パジャマなどのルームウェアを中心に取り扱うブランドです。
おしゃれなデザインのパジャマが豊富で、narue(ナルエー)の商品は映画やCMなどの衣装に選ばれることも多いですよ。

【Narue公式】ナルエー パジャマ レディース 春 綿 コットン ガーゼ ルームウェア 上下セット セットアップ 柄 入院 おしゃれ ギフト プレゼント ピンク イエロー ネイビー 23-12407 サイズM〜L

aimerfeel(エメフィール)

aimerfeel(エメフィール)は、女性向けのインナーやパジャマを取り扱うブランドです。
パジャマは派手すぎず可愛い色のものが多いですよ。
なかには人気のキャラクターを取り入れたデザインのパジャマもあります。

Hishop

Hishopは、ベビー服とパジャマを中心に取り扱うブランドです。
パジャマは女性向けが多く、シンプルでありながらガーリーな可愛さのあるデザインのものが充実していますよ。

ONNI STYLE

ONNI STYLEでは、韓国風の洋服を多く取り扱っています。
レディースパジャマももちろん購入でき、韓国風の可愛いパジャマを修学旅行に持って行きたい中学生・小学生におすすめです。

WEGO(ウィゴー)

WEGO(ウィゴー)は、古着風・ストリート風の服を取り扱うブランドです。
スウェットや可愛いパジャマも取り扱っているので、修学旅行用のパジャマを購入する際にはこちらもおすすめです。

修学旅行でパジャマ以外に必要なアイテム

最後にパジャマ以外で修学旅行に持って行くと良いアイテムを紹介します。
追加でなにを持って行くか迷っている人は、参考にしてみてください。

  • カーディガン・パーカー
  • ルームソックス
  • ヘアバンド
  • アイマスク

このほか、寝るときに必須なアイテムがある人は、それも持って行くことを考えてみてください。

また、コンタクトレンズを使っている人はケア用品や替えのコンタクト、生理が始まっている人は生理用品も必要でしょう。
このように普段の生活のなかでの必需品を、修学旅行にも持って行くことで快適に過ごせますよ。

小学生の生理の疑問を解決!初めての生理のハウツー・準備するものは?

修学旅行のパジャマ、素敵なデザインで快適に過ごせるものを選ぼう!

修学旅行のパジャマは、ジャージや前開きのパジャマなどがおすすめです。
好きなデザインのものを選んでOKですが、温度調節のしやすさやシワのつきにくさ、かさばらないかどうかなどもチェックしましょう。
今回の記事を参考に、お気に入りの修学旅行用パジャマを探してみましょう。

(コーデ写真協力:宮本怜実、稲津苺桜、舞川ゆの、山本 幸奈、上田澪愛、吉沢紗奈(さなぴー)、森江 瑚々奈)

修学旅行に向けて下着や服も身長したい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

小学生の下着はいつ・どう選ぶ?ブラジャーやショーツのおすすめブランドも紹介

小学生に人気の服ブランド♡ファッションタイプ別に紹介

こんな記事も読まれています